メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレートのはなし。その2

スイッチプレートにコンセントプレート。
良く見かけるのは、Panasonic製。
旧型のフルカラーもありますが、
新築のお宅では、新型のコスモワイド21の採用が増えているそうです。

 


左がフルカラーで、右がコスモワイド21。
あえて、旧型のフルカラーを使いました。

というのも、コスモワイド21、どちらかというと、
シンプルモダンなお宅に合うような気がします。
シンプルだし、使い勝手も良いんですが、デザイン的にはいまいち。
まだフルカラーの方が歴史があって、完成された感じがします。


そういうわけで、フルカラーを採用しました。
スイッチ類はシンプルなもの。換気扇類だけほたるスイッチ。
プレートは新金。ステンレスだと輝きすぎる気がしたもので。

ただ、プレートも見慣れたものなので、
ずっと代わりのものを探していました。
そして購入したのが、こちら。


Interform mfg. [ punto ]


アルミニウムで作られたスイッチ/コンセント兼用プレート。
全面がホワイト塗装され、角ばったデザインが秀逸。
固定するビスの頭が、ネジのような+の形ではなく、すべて角ナット。

もうこれしかないな、と考え、片っ端からホワイトに変えようとも思い、
とりあえず、一つだけ発注し、サンプル代わりに部屋に取り付けてみました。



壁の白とも合うし、質感もいいし、
このプレート良いなぁ、と眺めていたら、隣で妻の表情が思わしくありません。
白いプレートはとても良いけれど、中のコンセントの白が違いすぎて、
汚れてみえる、と。
確かに、同じホワイトでも、黄色味が強ければベージュになるし、
彩度が低いとグレーっぽくなります。

非常に残念ですが、言ってることわからなくもないので、
punto、諦めることにし、新金に戻しました。

puntoのアルミ色じゃ、新金と大して変わらないし、
最後の頼みでベージュ色取り寄せてみようかな、と悩み中。

統一感を求めるなら、神保のNKシリーズぐらいしか選択肢がないのかもしれません。
もう少し、フルカラー用のプレート、探してみようと思います。

スポンサーサイト

[上棟から65日] | 引き渡しのはなし。

8/3、ついに、住宅の引き渡しが終わりました。
週末の都合がつかなかったため、平日の引き渡しです。

引き渡し作業は二日に渡り、
1日めは設備や仕様の説明会、
2日めは鍵の引き渡しと、書類関係でした。

これで本日より、管理が施工業者様から引き渡されたことになります。




竣工写真と共に頂いた、住宅模型。
まさか頂けると思っていなかったので、自分で作ろうかなと悩んでた模型。

ここからのスタートだったんだな、と感慨深く眺めてみたり。



外観は模型と同じなんですが、
実際の質感はやはり、想像の範疇を超えていました。

なんとなく、まだ実感はわかないのですが、
今後は家具や家電など、随時運び込まれるため、
今のような、すっきりした状態じゃなくなると思います。

ちょくちょく写真載せてたので、いまさら感はあるんですが、
WEB内覧会とかしてみようと思います。
コンデジに限界を感じてきたので、
もう少し時間はかかるかもしれませんが。

内壁?のはなし。

書こう書こうと思ってすっかり忘れていた壁のはなし。
前回のシューズキャビネットのはなしで思い出しました。
すっごく、いまさら感があるのですが・・・。




外壁に大波板のガルバリウム鋼板を使っています。
折り返しになる、アプローチテラス内側の壁も、ガルバ大波板。

その大波板、玄関まで連続して続いています。
もちろん、玄関には扉がついているのですが、
ガラスサッシを扉にしたものなので、
アプローチテラスの外壁と、玄関の内壁が同じガルバ大波板なので、
連続した空間に見えるようになっています。




もともと広くない玄関なので、あまり効果はないかもしれませんが、
奥行き、広がりを感じるように設計されています。

素材感、質感ともに、金属そのものなので、
屋内にあることで不思議な感じになり、その違和感がたまらなく好き。

ただ、大波板、ちょっとぶつけると凹みます。
家具類の搬入とか、より注意しないと危ないかも。

マグネット類とか普通にくっつくので、
メモ書きなんか貼り付けたりも可能です。
一気に、ごちゃごちゃしてしまいそうですけどね。

[上棟から58日] | ルーバーのはなし。


[ 2012/07/27 ]


外観をつかさどる最後のアイテム、ルーバーが施工されました。
木目を活かしたクリア塗装。

当初は、キシラデコールやすらぎを使用する予定だったんですが、
より耐候性があり、木目を綺麗に残せるということで、
オスモカラー#420外装用クリアー"プラス"に変更になりました。

キシラデコールやすらぎは、クリアなんですが、塗ったあと若干白くなります。
そして、徐々にグレー色に変化していきます。
外装のほとんどがグレーなので、同等のグレーを目指して使用予定だったのですが、
オスモカラーの木目の綺麗さに驚き、塗料を変更しました。
耐候性が高く、クリアをより維持するので、グレーへの経年変化は無いかもしれません。

ですが、ヒノキの木目の質感もしっかりと残り、
インパクトある存在になりました。



アプローチテラス側と、バスコート側に取り付けられています。
このルーバーで、外観はほぼ完成。
ずっと工場のような見た目だったんですが、ぐっと家らしくなったような気がします。

筋交いのはなし。その3

現在、塗装工事が行われています。
以前画像を載せた筋交い、白く塗装されました。




画像が小さいのでわかりにくいのですが、
白く塗装され、塗膜の厚みのおかげで、
ナットやボルトの尖りはほぼありません。

構造上必要な筋交いになっていて
ボルトが緩まないように、ナットを締めて調整することが可能になっています。

ダイニングキッチンとリビングの間仕切りにもなっていて、
これがあることで、別々の空間、という印象も受けます。

どちらも大して広くないので、一体感はあるのですけれど。
子供がぶらさがったりしそうで、それが一番怖いかもしれません。


⇒ 筋交いのはなし。その2
⇒ 筋交いのはなし。


プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。