メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレのはなし。

建設中のおうち、外装、内装ともにほぼ終了し、
建築の確認申請が行われたそうです。

確認申請の際には、内壁などの施工が終了していることが必要になるそうで、
壁の塗装など、それまでに間に合わせた方が良い、と聞いたことがありました。

たぶん、塗装後に取り付けられる予定になっていた、
ダウンライトとか換気扇、煙感知器などの設備的な絡みかもしれません。

いくつか取り付け予定のものが残っているので、
準備出来次第、随時加えられていく感じです。

ただ、こちらで作成しないと終わらないものが多々あるので、
休みを見計らいながらになってしまい、時間かかりそうですけど・・・。



トイレ。



どーしてもタンクレスが欲しい、とのことで、
INAXの[Satis]にしました。

グレードは、自動リフトアップとか、便利機能のついてない一番下のグレード。
見た目的に変わらないので、まぁ、いいかな、と。

床は剥き出しのコンクリートで、床暖房が入ってます。
建物自体がコンパクトなので、
バスルームやパントリー、ウォークインクローゼットなんかも、コンクリート剥き出し床暖房。
コンクリートのように、質量が大きければ大きいほど、熱量を維持しやすいそうです。


紙巻器も取り付けられました。



非常にシンプルな、鉄の紙巻器。
カットするギザギザがついてる、ついてないで一度もめたんですが、
結局、使ってみて決めればいいや、と。
色的には真っ白に塗装されているので、良い感じに合うと思います。




Satisと紙巻器の位置はこんな感じ。
ご覧の通り、重要なトイレリモコンがまだついてません。

紙巻器の上に取り付け予定なんですが、
間に一枚、棚を挟むことになっています。

その棚、ダイニングキッチンや、ワークスペースもそうなんですが、
コスト減額したので、自作になります。

つまり、棚、早く作らないとつけてもらえない、という・・・。

休み見計らって、棚の塗装と取り付け行いますので、
詳細載せますね。
木目の残る、ホワイト塗装になる予定ですが、どうなることやら。

スポンサーサイト

トイレの壁の色のはなし。

昨日のバスルームの壁の色に続きまして、
トイレの色も決定しました。



バスルームのミントグリーン/ミントブルーに対比して、
トイレはそれを濃くしたグラデーションカラーの予定。

ただし、同じ系統色だと、
部屋の明るさ、ツヤの感じでまったく同じ色に見えることも。

グラデーションっぽく感じさせるには、
濃淡をより強くするか、まったく異なる系統色を使う必要がありました。



またしても灯りのない中での撮影なので、全体的に暗いです。
基本的に淡いトーンの色なんですが、
バスルームと比べて、はるかに濃い色を使用しています。

奥側と、その隣の二面だけがブルーにペイントされ、
他の二面と棚などはホワイトのまま。
扉側から見た方が、青と白の対比がはっきりわかります。



トイレはツヤなしのエマルジョンペイント。
近づいてみると質感は明らかにバスルームと違い、マットな印象を受けます。

アーチ垂壁を用いた場所は、バスルーム、パントリー、ウォークインクローゼットの三ヶ所あり、
パントリーとWICも淡い色をペイントする予定でした。
ただ、色を増やしすぎるとごちゃごちゃするし、
人の視線を集める必要もない、ということでホワイトのままに。

というわけで、あと色を変えるのは、寝室の二面だけになりました。
そちらはポーターズペイントでセルフペイントになるので、
バスルームやトイレと見え方は異なると思います。

とりあえず、バスルームとトイレの壁の色の対比、
載せておきますね。
グラデーションに見えるか、心配ですけど。




⇒ バスルームの壁の色のはなし。

ミラーキャビネットのはなし。その2

洗面台に取り付けるミラーキャビネット、
ようやく決定しました。



Kohler [ Bancroft medicine cabinet ]


米国Kohler社のミラーキャビネット[W508×H787.4×D127]
縦に長い感じの見た目。

当初はコンパクトなミラーキャビネットを探していたんですが、
そもそもミラーキャビネットの名の通り、キャビネットなので、
コンパクトになると収納力もその分コンパクトに。

洗面台のコンクリートブロック周辺に、
化粧品やら洗面用具が並んでいるのも見栄えが悪いので、
収納力もやっぱり重要でした。

床置き収納でカバーしようとも考えてはいたんですが・・・。



候補に挙がったミラーキャビネットの寸法通りに紙を切り抜いて、
実際の設置場所に合わせてみたりしました。

その結果、上記のミラーキャビネットでも、そんなに変じゃないかな、と。
鏡の角が尖っていないのも気に入ったポイント。



キャビネットの下には、Starckの洗面ボウルがつきます。
実際に取り付けてみないと難しいところですが、
全面アルミなので、そんなに違和感なく溶け込めるかな、と。

参考までに、海外サイトで拾ってきた画像、貼り付けておきます。





長すぎて、全部切れちゃってて、
フレームに納まる気がまったくないところとかたまらなく好きです。

⇒ ミラーキャビネットのはなし。
⇒ 洗面台のはなし。
⇒ ミラーのはなし。
⇒ 洗面ボウルのはなし。

ミラーキャビネットのはなし。

サニタリーに取り付け予定のミラー。
コンパクトなミラーキャビネットを想定しています。

希望としては、デザインに凝ったミラーを単体で置きたかったのですが、
妻との協議の結果、収納がどうしても必要ということらしく、
キャビネット型のミラーを置くことになりました。



サンワカンパニー [ コスメキャビミラー 45-60 ]


当初の予定では、コスメキャビミラー[W450×H600×D126]を取り付け予定でした。
デザインもシンプルだし、サイズ的にもちょうどよい感じ。

ただ、ミラーにするか、ミラーキャビネットにするかで迷った過程で、
コスト削減のひとつとなり、選定は白紙になりました。



Reliance [ UFミラーキャビネット4045 ]


スチールで作られたミラーキャビネット[W400×H450×D150]
シンプルで、正方形の形が可愛いと思います。
正面ミラー部の、取っ手っぽいのがちょっと気にはなりますが。



IKEA [ Bjorken ]


バーチ材で覆われたミラーキャビネット[W600×H596×D170]
現在のところ、最有力候補になっています。
問題は、デザインは良いのですが、やはりIKEAなので、品質的に心配があるということ。
そして、住んでいる近くにIKEAは無いので、遠征が必要ということです。
質感とか、形状の完成度とか、現物を見てみないと判断に悩みます。



Authentics [ Kali mirror cabinet ]


ドイツのAuthentics社の、樹脂製ミラーキャビネット[W580×H580×D180]
ミラーの角が丸く加工されていたり、樹脂の質感とか、たまんないです。
棚が外に飛び出すようになっていて、蓋を閉めた状態でのディスプレイも可能。

これ、どーしても欲しかったんですが、購入先が見つからず断念。
以前はsempreで扱っていたという話もあるんですが、いまは国内正規代理店もない模様。
直接オンラインショップでの購入は、いちおう出来そうではあるんですが・・・。
どこかで見かけたとかありましたら、教えてくださいませ。
※sempre様に確認したところ、
 商品に欠陥が見つかったため、取扱い中止になったそうです。(2012/06/27)



gedy [ 8007 Lilliput ]


イタリアのgedy社の、樹脂製ミラーキャビネット[W300×H450×D143]
丸い樹脂の形状がたまらなく、見た目も綺麗。
また、中の仕切りやポケットの感じもシンプルで良い感じ。
国内での購入先もあるようで、IKEAのBjorkenと並んで最有力候補になっています。

問題は、大きさ、かなぁ。
コンパクトなのはいいんですが、あまりコンパクトすぎて、
使い勝手に影響出るのも考え物なので、悩みます。


施主支給になるミラーキャビネット。
決定期限は7月中旬。
もう少し悩んでみようと思います。

洗面台のはなし。

starck3.jpg
CERA TRADING [ Starck3 ]


以前、[洗面ボウルのはなし]で紹介しましたが、
サニタリーには、フィリップ・スタルクStarck3を取り付ける予定です。

配管むき出しのまま、壁に直付けで設置されることになってます。

洗面ボウル、そのままの形なので、
化粧品やら歯ブラシやらを置くスペースはほとんどありません。

そのままではちょっと都合が悪いので、
洗面台に据え付けて、スペースを作ることも考えました。

同じStarck3でも、↓みたいに、サイドスペースのあるものもありますし。

starck3-2.jpg
CERA TRADING [ Starck3 ] 1050サイズ



ただ、なんとなくなんですが、
サニタリーだけではなく、全体のインテリアのイメージに合いませんでした。

小さなアイテムを、ぽんぽん、と並べていく。

ミラーにしても、洗面ボウルにしても、
サイズのあまりに大きなものは調和が取れなくなるので、使いたくありません。

それじゃ、どうするか。





ちょっと話は変わりますが、外構などに使われるコンクリートブロック。

block.jpg


どこでも簡単に入手でき、施工もしやすいことから、
外壁やら、塀に大活躍のアイテム。

外構に使われるのは良く見かけますが、それじゃ、屋内の使用にはどうなのか。



結論から言いますと、洗面台、コンクリートブロックで作ることになりました。

Starck3を直付けで設置し、それを囲むように、
コの字型にコンクリートブロックの洗面台が作られます。

block2.jpg


こんなふうに積み重なった(実際は4段)コンクリートブロックに、
白のアクリル塗装が施される予定。

出来てみないとはっきり言えないので、
施工が始まり次第、実際の写真を添えて、綴っていこうと思います。


まぁ、所詮コンクリートブロックなので、
当初の目的の、物置スペースとしては、あまり意味がないのですけれど・・・。


プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。