メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面ボウルのはなし。

建設予定の住宅では、トイレと洗面室が併設するつくりになっています。
というのも、手洗い機能の付いていないトイレを選択したので、
別に手洗い水洗を設ける必要性がありました。

トイレ内に手洗いスペースを取り付ける予定だったのですが、
なにぶん、敷地も限られていて、コストもかかるため、
洗面室を兼用として使うことになりました。
洗面設備も造作になるため、洗面器からなにから、一式の選定が必要でした。

で、コレ。


CERA TRADING [Starck3]


[バスタブのはなし]で紹介した、フィリップ・スタルクの洗面ボウル Starck3 650サイズ。

良く似た商品が、TOTOとかINAXでもあるにはあったのですが、
スタルクの名前を聞いて、あぁ、これしかない、と決定。

デザインも奇抜ではなくシンプルで、値段的にも手頃なので導入しやすいかも。

上の写真では、ぺデスタルがついていますが、直付けをするので、
配管はむき出しの予定。見た目の印象はちょっと違いますね。

スポンサーサイト


プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。