メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
6
7
8
9
10
13
14
15
16
17
18
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ web内覧会 サニタリー&バスルーム ]

トイレの手前にはサニタリーがあります。
サニタリーとバスルームはひとつながりの空間になるよう設計され、
コンパクトながらも、狭さを感じにくいようになっています。




[ サニタリー&バスルーム ] / AM






ダイニングキッチンから連なるアーチ垂壁をくぐると、サニタリーへと繋がります。
ここには引き戸が設置され、個室化することも可能。
入って左側は以前紹介したトイレ。ここも個室化可能。

トイレ側の深いブルーに対して、サニタリー側は淡いブルー。
グラデーションになるよう、色のバランスを取ってあります。



淡いブルーとは言っても、色のトーンは若干黄色味をプラスしてあり、
太陽光の元ではミントブルー、
マリンランプをつけると、白熱電球の黄色味が加わり、
ミントグリーンへと変化する、微妙なカラーで調整されています。



設計当初から決まっていたのですが、あくまでサニタリーとバスルームは同じ空間。
間にコンクリートブロックの腰壁と、その上のガラスはありますが、
バスルーム使用の際はシャワーカーテンで区切るだけになります。

積み重ねられたコンクリートブロックは、樹脂モルタルの後、シリコンウレタン塗装が施され、
荒さは無く、艶やかな質感になっています。角もまあるい感じに。

床はトイレと同じく、コンクリート打ちっぱなしの上にクリップガード。
ガス温水式床暖房も同じくどちらにも入ってます。





当初はコンパクトなものを想定していたミラーキャビネット。
最終的に、収納の多さを重要視し、Kohlerの大きめのものになりました。

全面アルミで製作され、角はすべて丸く加工が施されています。
正面もミラー、蓋の裏側もミラー、中の棚もミラー。
加えて、外観左右に取り付けるミラーが二つ付属し、
どの位置から眺めてもミラーが使えるようになっています。

現在棚は取り付けていませんが、ガラスの棚が二面付属。
本体に上下の区別はないので、右開き、左開き、どちらでの取り付けでも可能です。



このちょうど真下にはStarck3洗面ボウルが付きます。
650サイズなので、ミラーキャビネットと横幅のバランスも違和感がありません。

コンクリートブロックに直付けされ、
配管が剥き出しになるよう取り付けられてます。
配管を見せたかったので、あえてペデスタルはつけてません。
ダイニングキッチン、バスルームの配管もあえて剥き出しで統一してあります。

コンクリートブロックの上に洗面用具を並べる可能性が高かったので、
ミラーキャビネットの高さを若干あげてあります。

洗面ボウルに小さく記載された、Duravitの文字がなんとなくお気に入り。



バスタブはKaldeweiの鋼板ホーロー浴槽。
バスフットを用いて、置きバスタブにしてあります。

ホーローの質感、艶やかさはうっとりするほど素晴らしく、
水を貯めると、淡いブルーに輝いて見えます。

国内メーカーの一番低いランクのFRP浴槽と価格的にもあまり差はなく、
オーバーフロー用の栓や、追い炊き用の加工など、
日本での使用向けの対策も施されているようです。

コンクリートブロック部はもちろん目地がしっかりありますがシリコンウレタンでツルツル、
それ以外の壁はすべて目地が無く、汚れがつきにくいよう同じくツルツルになっています。
床に関しては、スリップ防止のため、ザラザラになってますが、
素足で痛みを感じるほどではありません。





掃出し窓の前にアルミ角柱を設置し、シャワーをかけられるように加工してあります。
高さを変えられるよう、シャワー受け金具は二ヶ所。
水栓は、バスタブへのお湯貼りも兼用のため、シャワーバーの真下にひとつだけついてます。



バスルーム壁には、タオルバーも、ミラーも、受け皿も、なんにもつけてありません。
出来るだけバスルーム感を出さずに個室化したかったのと、
せっかくの目地なしの一体感のある壁に余計なものをつけたくなかったため。

何もなさすぎるのも使い勝手も悪いので、
置き家具的な棚、
吸盤式でいつでも取り外しが可能なタオル掛けなどは用いていくつもりです。

バスコートに面しているので、いづれここには木を植えて、
くつろげる空間にしていけたらな、と考えています。
ルーバー使って鉢植えやツル、なんてのも可能ですし。



以上、サニタリー&バスルームでした。


スポンサーサイト


プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。