メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08 現状

2011/08現在、
住宅の仕様やイメージは、ほぼ固まりつつあります。

当初の目的でもあった、ミッドセンチュリー家具たちが活躍できる家を建てたい!という方向性は、
相変わらず変わってはいないのですが・・・
大幅にインテリアのイメージが変遷してきました。



ミッドセンチュリーモダン


最初はミッドセンチュリーといえば、定番のスタイルを目指してました。
壁は真っ白に床は深みのあるウォールナットで。家具ももちろんウォールナット。
差し色はあざやかなカラー、プラスチック素材やスチール素材のデザイナー家具を散りばめて・・・

しかし、ここで問題が発生します。
妻より、「ウォールナット床は、嫌だ!」と手厳しい一言が。
激論を交わした末・・・負けました。
もとより、インテリア全体の実権は妻が握っていたのです。




北欧モダン


次に目指したのが、北欧スタイル。
白壁は変わらず、ウォールナット床が、無垢の木目に変更。
ウェグナーやらヤコブセンなど、時代を代表される家具も多く、
マリメッコなど、色づかいも楽しそうです。

ただ、打ち合わせを重ねていくうちに、方向性が次第に変わっていきました。
壁だけではなく、床も天井も真っ白にしよう、と。




シンプルモダン


色彩もシンプルに、壁も床も天井も白で統一。
差し色も黒やグレーでまとめ、すっきりしたクールな空間に。
もちろん、家具もグレーパターン。差し色は赤?

シンプルモダンなインテリアはシックでクールで好きなのですが、
なんだか、自分で建てる家としてはしっくりきません。
パキパキに統一された質感になんとなく違和感を感じてしまい、
また、もう少し自由にカラーを使っていきたいな、と欲求も湧いてしまいました。




シャビーシック


行き着いた先が、シャビーシック。
壁はペンキ塗りの白、天井と床も木目を残したペンキ塗りの白。
差し色は、ミントブルーやミントグリーンなど淡い色を使用して。

現在の住宅の方向性はココになっています。

とは言っても、すべてをシャビーなモノ、アンティークなモノに統一するわけでもなく、
現代のモノ、アンティーク、ミッドセンチュリー家具など、
質感やテイストを合わせて混在させていければいいな、と思っています。

だから、厳密に言えば、散々書いて置いてなんですが、「ごちゃまぜ」 になっちゃいました。
詳細の仕様については、また別の機会に。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。