メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストダウンのはなし。

久しぶりの更新、です。

最後に更新したのが10/26・・・。
もう5ヶ月も過ぎてるし。

融資の変更やらコストダウンやらで時間を費やしてしまい、
ついに、降雪の時期に突入、
着工するわけにもいかず、現状に至ります。

ようやく雪も落ち着き、
コストも予定内に収まったので、4月初旬着工に向けて進むことになりました。
スローペースですが、こちらも気の向くまま再開していきますね。



とりあえず、
休止期間中にずーっと煮詰めていた、「コストダウンのはなし」でも。


当初提出された見積金額は、
予定金額より約140万円近くの差がありました。


見積金額が多少高くなるのは想定してはいたのですが、
月々の支払金額を考えるにつれ、少しでも削ってみようと、模索がはじまりました。



コストダウンについて、決めていたルール。

1、柱、壁、断熱材などには手を付けない。

2、仕様のグレード(バスタブ、食洗機、水栓金物など)は落とさない。


ほかにもいくつかありましたが、
根本的にはこの2つ。


で、結論から言うと、100万円近くのコストダウンに成功、
無事現在の着工準備に至ったわけです。

なにを削ったか、というと・・・


ひとつめが、「家具工事」。

当初予定していた設計では、家具工事が多々ありました。
下足入れであったり、食器棚であったり、ワークスペースの棚であったり。

無いと非常に困るんですが、
コスト的には非常にどれも高額でした。

ただ、当初の予定から、棚は高さの変更を自由に行いたかったので、
チャンネルサポートを入れ、ブラケットとして用いる形にしてありました。



royal.jpg
Royal [A.A.system] チャンネルサポート



壁にレールを埋め込み、ブラケット金具を長穴にはめて固定。
木の棚だけではなく、ガラス棚も作ることが可能で、
見た目的には、まるでショーケース。

このチャンネルサポート用の金具、
ホームセンターなどで普通に売ってます。
1セットで600~800円ぐらいでしょうか。

棚板に関しても、材質やら見た目にこだわらなければ、
ホームセンターで合板が割と手頃に購入できます。
やすりの手間やら、塗装の手間はかかりますし、
仕上げはプロの家具職人の作るものには到底及ばないですけど。

予定している家では、
扉も木目が見える程度に白く塗装された感じですし、
自分でうまく作れなかったとしても、それも味かな、と。

そういうわけで、食器棚を含め、棚類はすべて、
チャンネルサポートのみの施工になり、大きくコストダウンに至ったわけです。



そしてふたつめ。大きくコストダウンできたのが、「住宅設備」。
おきてやぶりの「施主支給」作戦。

たとえば、エアコン。
1,2月頃になると、各メーカー新型モデルが市場に出てきますし、
2011年のように冷夏だと、在庫もたんまり残っていて、
3,4月ぐらいになると、価格も大きく下がることが予想されます。

照明器具にしても設備器具にしても、
業者間では半値半掛あたりまえの世界ですし、
選定されている品物も、わざわざ最高級グレードにしてあったり、とか。

掃除がしづらい場所であれば、お掃除機能だけ付属する中級グレードに変えてみたり、
寝室ならただ冷えればいいや、で一番安いグレードにしてみたり。

住宅設備ルート向けと、家電店向けで、
同じ製品が違う型番で存在していたりすることも多々あります。

所詮、コンプレッサーの寿命は10~15年なんて話もちらほら聞きますし、
あえて予算の合わない時に無理をする必要もないかな、と。


ただ、問題点もあります。
設備品の施主支給は、あくまで自己責任。

部材もかき集めなきゃいけないときもあれば、
最悪、工事も請け負ってもらえないこともあります。
工事中の施工による品質低下やら破損やらも、
施工業者が責任負ってくれない可能性もあります。



とにかく、コストダウンは時間もかかるし、
なによりじっくり腰を据えて見直していく忍耐力はどうしても必要。

そして、コストダウンは諦めや我慢から生まれるのではなくて、
今後必要なもの、重要視していきたいものをしっかり見極めることが一番大事なんじゃないかと。

実際、仕様に関して、
なーんにも、諦めも我慢もしてません。むしろ、良くなっているんじゃないか、って感じ。


これからコストダウンの戦いに赴く方、
何度も何度も心が折れそうになりますが、悩めば悩むほど新しい解決策が出てきたりします。
苦しみから生まれるアイデアもありますし、それを過ぎれば楽しい着工が待っています。
がんばってくださいね。






royal.jpg
ロイヤルメーカー
 □ 
 ■ 
 □ 
 ■
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。