メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーテンのはなし。その3

ご無沙汰しています。メメントです。

ようやく、住宅会社さまとの契約も終わり、
着工時期のタイムスケジュールが見えてきました。

4月中旬には基礎工事などが行われる予定です。


ようやく、ここまで来ました・・・。

設計開始から既に1年半。

ほかのおうちのタイムスケジュールはわからないんですが、

個人的には、ものすごーく長かったような気がします。



それはさておき、当初、2011年11月着工予定だったものが、
降雪の関係もあり、2012年4月まで延期になりました。

仕様などに多少の変更は加えはしましたが、
おおまかなところは元のまま。

サッシの価格など、全体的に上がっちゃったものもありますが、
住宅会社さまに助けてもらい、金額面でも問題はなく。



ただ、ひとつだけ、前回の記事のあとに、どうしようもない問題が発生しました。





midi:olieve


Robert le Heros Paris

柄物でありながら、そんなに激しい主張もない。
インテリアにも違和感なく溶け込みそう。

光の透け具合も気に入り、リビングの中心となる窓を覆い隠す、
メインのロールスクリーンとして使用する予定でした。


なんですが・・・。


ニチベイ、2012年2月のカタログがリニューアルされ、
ロベール・ル・エロのロールスクリーン、廃盤になっちゃいました。

ネット通販ではまだちらほら見かけはするのですが、
当のニチベイでは既に生地の保有はなく、生産することは不可能、との返答が。

当初からこれ一本でいこうと決めていたので、
他のカーテン類なんて、想定すらしていませんでした。あーあ。




ないものはしょうがない、ということで。

まずはニチベイのデザインコレクションの新作でも。

eftenrratt.jpg strand.jpg
applen.jpg mjuk.jpg


スウェーデン在住のデザイナー、Camilla Lundsten(カミーラ・ルンドステン)の作品。

色彩、モチーフ、パターンなど、北欧スタイルのイメージそのもののような気がします。

明るくって、なんだか元気になれるような。子供部屋とかにもすごく合いそうですね。




壁は白の塗装、床は幅広板の木目を残した白の塗装、
天井も柱もすべて白の塗装で、指し色はオリーブか、ミントグリーン。
ほどほどにブラウンも利かせて、と決めているリビングのインテリア。

ちょっと、これ、使うの難しそうかな、と断念。
せめて床材が白く塗られていなければ、アリだったのかな。

予算もそうあるわけではないのですが、カーテン探しの旅がはじまりました。






eftenrratt.jpg
ニチベイ / Camilla Lメーカー
 □ 
 ■ 
 □ 
 ■


関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。