メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁のはなし。

建設の確認申請が無事通りました。

今月末からの着工予定も滞りなく進み、
本日、建設会社の方と建設予定地周辺のお宅に挨拶回りをしてきました。

実家の隣に建てるので、昔から付き合いのあるご近所さんばかり。
お会いしても、好意的な感じばかりでしたので、とりあえず、ひと安心。

建設予定地は、20年ほど前に造成された、新興住宅地。
なので、外壁は、サイディングが多く、クリーム色っぽい家が多いです。


で、建てる予定の住宅。
コストと、デザインの兼ね合いから、ガルバリウム鋼板を使用することになりました。

ガルバリウムにも見た目はいろいろあり、そのままの平板や、
最近良く見かける角波など、さまざま。

そのなかでも、今回使用する予定なのは、長尺大波板。

oonami.jpg



サンプル頂いていないので、↑とは異なるかもしれませんが。
長尺の波が大きく緩やかなものを、縦貼りすることになります。

その際、ビス止めが必須になるので、見た目的に気に入らないという方も多数。


真っ白な、色落ちのしにくいサイディングとかを想定していた我が家。
ガルバ大波の提案を受けたとき、最初はトタンみたいで嫌だ、と思いました。

でも、色々考えてるうちに、その工場っぽい見た目が逆にいいんじゃないかと。
調べてみると、海外の建築にも多く使われているようですし。

正直、工業製品って、インテリアとの相性は良いと思うんです。

革一辺倒だった時代に、工業用ナイロンを持ち込んでバッグに仕上げ、
現在当たり前の商品として開発したミウッチャ・プラダしかり。

家具の世界では、インダストリアルデザインなんて、当たり前ですね。

色は白も考えましたが、素地本来のシルバーにするつもりです。
太陽光が当たるとプリズムのように反射し、より工場のような、むしろ、宇宙船?

設計上のイメージ的には、shell(貝殻)、だそうです。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。