メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シューズキャビネット】

シューズキャビネット、下駄箱、下足入れ。
色々な呼び名がありますが、玄関先に置いてある靴を収納する家具。

規格品、造作品など種類はさまざまですが、
大抵のおうちには設置されているんじゃないでしょうか。


これから建てようとするおうちも、
造作のシューズキャビネットを予定していました。

置き家具としてなんですが、玄関先の目隠しも兼ねていたので、
高さも1m40cmもあります。
仕様は両開きの扉、メラミン化粧板貼、中にはチャンネルサポート。

当初はなにげなく気にもしていなかったのですが、
コスト調整の際に、減額提案のひとつとなり、造作が中止になりました。


その後、下足箱をなしにするわけにもいかず、
既製品を探すもちょうど良いものは見つかりません。

通常のキャビネットは輸入品、アンティーク品といくらでもあるんですが、
シューズキャビネットに関しては海外ものはほとんど無いに等しい感じ。

というのも、家に帰って靴を脱ぐ文化って、日本ぐらいのため、
シューズキャビネットという名目のもの自体が海外にはあまり見当たらないんです。


R.C.ドクターキャビネットを購入したインテリア雑貨店で相談しているうちに、
ローコストで造作家具を作っていただけることになりました。

で、本日完成品を拝見させていただいたわけですが・・・


shoes1.jpg



予想以上の仕上がりにびっくり!

作成前にデザインの打ち合わせはあったのですが、
木目の残るホワイト塗装で、寸法もぴったり。

ドクターキャビネットに合わせて、白く塗装した蝶番が使われてます。


shoes2.jpg


取っ手はブラス(真鍮)
使っていくうちに、少しずつくすんだ、味のある色へと変化していく過程も楽しみのひとつ。


shoes4.jpg


モールド(壁面装飾)はシンプルにまっすぐななめカット。
ギリシャ神殿のようにアールになっているのも良かったんですが、
あまり華美すぎてもイメージが異なってしまうので。

左側が壁にぴったりくっつくため、左右のモールドは切り落としになってます。


shoes3.jpg


足はまっすぐではなく、ななめにカットされてます。
玄関土間に設置して、室内側から開くので、
足の長さは130mmあります。


shoes5.jpg


背面側は、玄関側に接した目隠しになるので、
当初の予定では、真っ白な木目の壁、というだけでした。

そのままでは面白くない、とのことで、
10cmほどの飾り棚が加えられました。



以上、施主支給品のシューズキャビネットになります。

コスト的にも削減できましたし、
意匠的にも気に入ったものになりました。

設置までまだまだ時間かかりそうなので、
後日、据え置き後の写真、載せますね。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お久しぶりです。
不定期更新、申し訳ないです。
なんとか着工の筋道が立ちましたので、
だらだら綴っていこうと思います。
また、そちらに遊びにいかせてもらいますね。

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。