メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁のはなし。その3



アーチ垂壁の木枠に合板が貼られました。
木枠の見える部分はあくまで薄く、床面まで同じ厚さで。

この後、ウレタン塗装が施されます。
扉とかはオイル塗装なんですが、木枠はあくまでウレタンで。

木目などを綺麗に描くにはオイル塗装の方が理想的で、
ウレタン塗装だと、よりはっきりした色になる上に、ツヤがつきます。

木枠は集成材なので、木目は綺麗には繋がってません。
加えて、木枠は人や物の通過する場所なので、接触の危険が高い場所。
ウレタン塗装は、浸透性のオイルとは違い、塗装の油膜が厚く、
ちょっとぐらいモノをぶつけても耐えられる感じ。

まもなく塗装も始まるので、色の違いが楽しみです。


⇒ 壁のはなし。その2
⇒ 壁のはなし。
⇒ 垂れ壁のはなし。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。