メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋交いのはなし。その2

以前、筋交いのはなしでちょっとだけ書いてたんですが、

>リビングにある150角の柱と壁との間に1m80cmほどの隙間があるんですが、
>構造的にどうしても外せないため、筋交いが通うことになります。
>内壁になる他の筋交いは、米松で作られたものがほとんどなんですが、
>リビングの筋交いだけは露出してしまうため、常に目のつく筋交いになってしまいます。

>なので、リビング筋交いだけは、鉄製、白塗装されたもので、
>かたちも特殊なデザインになっています。

その特殊な筋交い、ついに施工されました。



後ろの足場と重なってて形状がわかりにくくてすいません。
〇型のわっかに、四方から筋交いが繋がっている形になってます。
ナットを締めることで、筋交いの張り具合の調整も可能。

当初の予定では、×型に交差した、ただの鉄の筋交いでした。
ですが、建築家さんと現場監督さんのアイデアで、こんな素敵状態に。

その形状から[ターゲットスコープ]とか呼ばれてたりもします。
そこそこ大きさもあるので、真ん中になにか飾ることも出来そう。

この後、ホワイトに塗装されるので、
いまのような鉄剥き出しの無骨な感じはなくなるかもしれませんが。


⇒ 筋交いのはなし。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。