メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロアライトのはなし。その2

4mの吹き抜けリビングにはvoxpopuliのシャンデリア。
40wのシャンデリア球が5灯ついて、200w。

当初の予定では、シャンデリア+フロアライトだけでした。
ただ、それだけでは暗すぎるかもということで、
テレビを設置予定のリビング奥の壁にスポットライトが二つ設置されます。

実際住んでみないと明るさがどれだけ確保されたのかはわかりませんが、
インテリアとしても補助照明としても存在感があるので、
フロアライトは引き続き、購入を予定しています。


そのフロアライト、ちょっと形状にこだわりがあります。


Achille e Pier Giacomo Castiglioni [ Arco ]


カスティリオーニ兄弟のアルコ(アーチ)ランプ。
アーチになったポールの先にランプがついており、
床置きでありながら、上から照らす照明器具。
用途としてはペンダントライト、形状はフロアライト。

リビングにはソファーを置く予定なのですが、
本や雑誌をそこで開くことも多いと思われるので、
手元を真上から照らす灯りが必要でした。

テーブルライトも検討したのですが、
あまりごちゃごちゃしすぎるのも、ちょっと・・・。

というわけで、アルコランプ。
ただ、白一色の部屋に、シャンデリアはアンティークブラウン。
それにシルバー色ってどうなんだろう、と保留に。
近未来的すぎるデザインも、違和感があるかも、となりました。



francfranc [ ソステーニョ ]


色々紆余曲折したあげく、
現在の候補はフランフランのソステーニョ。

布で出来たランプシェードにひだがあり、
点灯すると陰影が生まれるのがポイント。
外壁に大波板を使っていることもあって、
陰影の激しいアイテムを追加するのもいいんじゃないかと。

インテリアのバランスが合いやすいことに加えて、
購入のしやすさという点でもメリットがありました。


現在の最終候補は、上記のソステーニョ。
紆余曲折したフロアライト、貼り付けていきます。

物凄く欲しくて探したものも何点か実はあるのですが、
国内購入先が見つからなくて諦めたモノの方が多いです。
ちょっと長くなりますが、羅列しますね。



Original BTC [ Task Overreach ]


イギリスのOriginal BTC [Task Overreach]
SEMPRE様にて購入可能。



Vitra [ Potence ]


スイスのVitra [Potence]
デザイナーはJean Prouve
hhstyle様にて購入可能ではないかと。未確認。
版権が切れているので、素材・質感違いのジェネリック製品もあるようです。



Foscarini [ twiggy ]


イタリアのFoscarini [twiggy]
デザイナーはMarc Sadler
musetokyo様にて購入可能。
色の種類が豊富です。


FontanaArte [ Flora ]


FontanaArte [ Gravity ]


イタリアのFontanaArte [Flora]と[Gravity]
[Flora]のデザイナーはFuture Systems
[Gravity]のデザイナーはJohan Lindsten
Cassina-ixc様にて購入可能ではないかと。未確認。



Resident [ Spar ]


ニュージーランドのResident [Spar]
デザイナーはJamie Mclellan
購入先不明。



Kundalini [ Kyudo/troja ]


イタリアのKundalini [Kyudo/troja]
デザイナーはHansandfranz
musetokyo様にて購入可能ではないかと。未確認。



Matt downer designs [ Figured Walnut ]


アメリカのMatt Downer Designs [Figured Walnut]
デザイナーはMatt Downer
詳細、購入先不明。



Ango [ Chrysalis Sky ]


タイのAngo [Chrysalis Sky]
デザイナーはAngus Hutcheson
Hug-style様にて購入可能ではないかと。未確認。



Rlos Design [ Ad46/10 ]


フランスのRlos Design [Ad46/10]
デザイナーはRomain Duclos
詳細、購入先不明。



Vibia Design [ Balance 5190 ]


アメリカのVibia Design [Balance 5190]
デザイナーはJordi Vilardell
詳細、購入先不明。


他にもまだあるんですが、デザイン的に気になったモノだけ羅列しました。
購入可能でも、実際の価格は大変なものが多いと思いますが・・・

ソステーニョの購入は、引き渡し後になりますので、
購入後、また実際の画像貼り付けますね。


⇒ フロアライトのはなし。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。