メメントの森

建築士とつくる、1000万円台の「小さなおうち」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレートのはなし。

照明器具につきものといえば、照明用壁付スイッチ。
最近はリモコンのついた器具も増えましたが、それでも、スイッチは欠かせません。
同様に、家電製品やら、モジュールケーブルなどの引込み線を取り出すための、
コンセントも住宅を作る上では不可欠。

 


日本製、Panasonic電工の、埋込スイッチとプレート。
左側が旧型のフルカラーで、右側が新型のコスモワイド21 。
他にも高級仕様のグレーシアなどあるみたいですが、
一番見かけるのがこのタイプではないでしょうか。

実際、母屋のスイッチプレートは、左側のフルカラーを使っています。
プレート自体は他にも店舗用の新金属、ステンレスとあるみたいです。

何も考えずに使う予定だったのですが、
この光沢具合と、どちらかというとテカテカしてる感じが気になり、
他のスイッチプレートを調べてみました。







Leviton [AC Switches]


米国、Levitonのスイッチプレート。
片切りだと、ON/OFFの刻印もあり、質感も良さそう。
プレートも陶器やセラミックがあるようで、バリエーションも豊富です。





ONOFFON [AWA Switch]


英国、AWA社のスイッチプレート。
見た目はトグルスイッチ。全体の金属光沢がたまりません。
カラーバリエーションも多く、ゴツめの見た目がなんだかわくわくしてしまいます。





神保電機 [NKスイッチ]


日本製、神保電機 NKシリーズ。
美術館用に作られたNKPシリーズの発展型スイッチプレート。
光沢を抑えたマットな質感も、白壁に違和感なく合いそうです。
グレー色があるのも、ちょっと気になるかな、と。




 
maxray


日本製、maxray スイッチプレート。
デザインも変わっていて、毎日押すのが楽しみになりそうな感じ。
色も質感も良く、部屋にも合いそうです。



いくつかスイッチプレートを並べてみましたが、
使用するスイッチプレートは、Panasonic電工のフルカラーになりそうです。

AWAスイッチとか本当に好きで、全部コレにしたい、と思っていたのですが、
いくつか思案材料があり、当初の標準品に戻っています。

何が原因だったかというと・・・

1、使用する照明器具のすべてが、調光型器具であること。

2、スイッチプレートとコンセントプレートでの統一感が得られないということ。

3、コストが合わない。


1、調光器具に関しては、ルートロンなどを用いたり、
調光部分だけを見えにくい場所に集めたりも検討しました。

2、スイッチプレートはいくつかの場所に絞って用いることにして、
統一感がなくてもいいや、と思ったのですが、妻が嫌がりました。

3、コレが一番かもしれません。
意匠を変えるわけで、どれを選んでも明らかにコストがあがります。

小さな家なので、部屋ごとに統一感がないのも、確かに気持ち悪い感じ。
階段やトイレ、洗面部分だけの使用なども考えてみましたが、
結局、他に削れない部分が多かったので、妥協しようかな、とプレートは諦めました。

フルカラープレートの材質違い、塗装品などはたくさん売っているようで、
いづれ、遊んでみようかとは思っています。

関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

メメント

Author:メメント
2012/03
コスト調整終了、着工準備中。

建築の記録、設備、照明など、
思いつくままに、
綴っていこうと思います。

カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。